ミラヰキオクヲ今ヱ

天性に 還る 音を奏でる ・《奏でるひかり*》ゑさ子のブログ・

気軽に聴けるクリスタルボウルサロン《奏でるひかり*》

   東武スカイツリーライン「北春日部駅」徒歩1分

ホームページはこちら>>>

 

そら色にとどかず、瑞々しさに触れる

昨日は笠間、茨城県におりました。
小雨だった予報は外れ豪雨。
久しぶりの高速、常磐道のスピード感や前を走る大型車の跳ねが白く大きな水煙の丸をつくり前が見えにくかったりしたけれど、これがやけに新鮮で爽快感さえありました。
お天気が晴れたら、更に1時間走り『ひたち海浜公園』へ行くつもりでした。
ネモフィラ、空色のお花が見頃を迎えているタイミング。
行きたかった海も眺望できるし、空色にも会える!
な、はずでしたが、一仕事終えた13時半、笠間では時折雨がチラついていたので断念。
そのかわりに、
以前訪れた際、空色の器に出逢ってときめいた「陶芸の丘」へ行きました。



前回はスルーした敷地内の陶芸美術館を今回は観覧することに。
そしたら入り口で、変形菌の企画展が茨城自然史博物館で開催中との広告を見つけました。
あらあら、これはヨダレもんです。

変形菌というのは、粘菌のこと。
昨年が熊楠生誕100年だっただけではなく
大きく存在感を示しだしたのも、今が意味ある露出のタイミングなのかもしれません。
特殊な生態、生き方、あり方、古くからいたであろうけれどその存在の新しさが興味をそそる。
科学が自然をヒントに進むことがあるように、私たち人間のこれからに温故知新の元をくれる可能性を感じます。
うちの庭にも居てくれないかなぁ。
果実のような可愛らしい子実体もさることながら
動物的で動ける状態、変形体の動きは目視で観察できると知ってから、出会ってみたいのです。



ところで美術館の展示もなかなかおもしろく
作家さんごとにセンスが違い、ツールは同じでも想いや表現が違うのを
今更ながら、ほんっとに今更ながら感じ入りました。
人間にふたりと同じ人がいないワケに通じ、じーんと感動。

大きな作品が多かったですが
特に惹かれたのは大皿。
展示のものは観賞用で使用目的ではないだろうけど
作家さんを映し出したような存在感ある大きなお皿。
今、大皿のある家庭ってどのくらいあるんだろう。
たくさんの人に囲まれてその存在感がなお生きる環境はそうないんでしょうね。
なんとなく、勝手な想像をしてそのお皿を囲んでみたり雰囲気を感じ
眠っていた大人数体験がくすぐられたのでした。


ミュージアムショップも堪能し外に出れば
雨は上がり夕焼け間近の太陽光が強く眩しい。
誂えたように足元に一枚の葉が水滴を乗せ
ぐいぐいクル瑞々しさを放っていました。

f:id:miraikio9:20180426005436j:plain:w350
やけに瑞々しく、そこにある✨


f:id:miraikio9:20180426005910j:plain:w350
下方に猫、上の鼠たちの半端ないリアル感


f:id:miraikio9:20180426005831j:plain:w350
蛸と鼠ってチョイスがすごい。対の壷には烏賊が。


f:id:miraikio9:20180426005743j:plain:w350
裏と表の絵の違い。なんとなく男女の性を連想。



f:id:miraikio9:20180426005615j:plain:w350
直前の雨の仕業でしょうか。敷き詰められたピンクの絨毯。



f:id:miraikio9:20180426005703j:plain:w350
八重桜だったようです。



f:id:miraikio9:20180425215029j:plain:w350
空が大きい!





※月の暦※
弥生月讀む-上旬- 〈新月16日11時頃〜30日〉miraikio9.hatenablog.com






《奏でるひかり*》
水晶の楽器《クリスタルボウル》を用い
本来のあなたに近づく
癒しの時をお届けしています。
 ▼ロゴをクリックしてHPへ

f:id:miraikio9:20180522215947j:plain

 

《奏でるひかり》HP

   https://www.kanaderuhikari.com/